のんべんだらり

日常の記録やぼやきや趣味など

ムームーちゃまと息子

いつも大変お世話になっているEテレ。いつの間に教育テレビから改名したんでしょう…。息子もいないいないばあとおかあさんといっしょが大好きなのでよく見ています。

 

おかあさんといっしょの着ぐるみコーナー、自分が幼児の頃はにこにこぷん(年がバレる)でしたが現在のガラピコぷーに息子ともどもハマっております。息子の推しはガラピコ、母の推しはムームーちゃま。もうこのムームーちゃまが本当にいい子!

 

父親が仕事であちこちの星に行っていて不在がちなので手紙を書いたり、キュリオさんのお店でプレゼントを用意したりする優しさ。

チョロミーがガラピコの屁理屈(?)を真に受けて混乱したときは「これは○○するものだから□□じゃないよ」と分かりやすく説明できる賢さ。

待ち合わせ場所に誰も来ていなくても怒らず「もしかして待ち合わせ場所間違えちゃったのかな?」と最初から相手を責めることなく何か事情があるのかもしれないと考える多様性。

 

ちょっと怖がりでおっとりしているけど、息子にはムームーちゃまのような優しい子に育ってほしいと思っています。

 

 

でもムームーちゃまはしずく星にいる子供だからあのままでいられることも分かっているのです。

この世界、この国に本当にムームーちゃまのような優しい子がいてそのまま大きくなったとしたら。

その子は優しい故にいじめられるか良いようにこき使われるか犯罪の被害者になってしまうでしょう。残念ながらこの世はムームーちゃまがムームーちゃまのまま大人になれるほどきれいな世界じゃないので人を疑うことも教えなくてはなりません。

 

でもやっぱり優しさや相手を思いやる気持ちは忘れないで欲しい

親ってのはワガママですね…