のんべんだらり

日常の記録やぼやきや趣味など

4ヶ月検診に行ってきました

自治体がやっている4ヶ月検診に母と一緒に行ってきました。あぁ、赤ちゃんいっぱいいる…カワイイ…

 

検診の内容は問診→母の血圧測定→赤ちゃんの測定→小児科医の診察→離乳食の指導といった流れ。息子はありがたいことにムッチムチのパンパンなので測定がいつも楽しみ。

 

問診は母子手帳と照らし合わせながら保健師さんと普段の様子や心配ごとなどを話しました。そこでの保健師さんの褒めスキルがすごかった。

ネ「(母乳かミルクかきかれて)母乳です」

保「母乳だけでここまで大きくなったなんてお母さんすごいです!ちゃんと赤ちゃんに栄誉がいってるんですね」

ネ「自分が抱っこしたときだけ泣くんです…」

保「あらまぁ、大好きなお母さんにはワガママになるのね」

ネ「夫や母をこき使って楽してます」

保「お父さんも積極的に子育てしてて素晴らしいですね、お母様の協力があると心強いですね!」

 

きっと母親が思い詰めないように言い方一つに細心の注意を払ってるんだろうなぁと思いました。日ごろ無責任な他人から何かと言われがちなので、腫れ物に触るようでも褒めちぎってくれる保健師さんありがたいです。

 

測定のためにスッポンポン(オムツ付き)になる赤ちゃんたち。息子は服を脱がされてキャッキャしてたけどごめんな、ここはお風呂じゃないんだ。

数値は成長曲線の上位を順調に進んでて一安心。大きめの息子より更に大きい子を初めて見た。そちらも重そうですね…

 

小児科医の診察は入っていくなりあいさつもなしに

医「湿疹ですね!なにか(対処)してますか!」

ネ「えっ。えっと…保湿クリーム塗ってます…」

医「クリームじゃダメです、治りません。病院行ってください。他に気になることは?」

ネ「あ…ないです…。ありがとうございました」

とキツい言われ方して終了。

 

息子が顔をかくのは乾燥や眠いからで、ほっぺが赤いのは可愛いなぁとしか思ってなかったので湿疹と言われたのは衝撃でした。湿疹だと思ってないからもちろん何の対策もしてないですよね。

保健師さんに褒められてちょっと自信ついてきたところだったのでかなり傷つきました。首すわりチェックで泣き叫ぶ息子と一緒に泣きたかったです。

 

最後に栄養士による離乳食の説明がありました。初期から後期まで一気に話を聞くので頭が容量オーバーして「もぅまぢムリ…」となりそうでした。

段階ごとに少しずつ教われたら良いのでしょうが、やっとこさ自分のリズムができてきたころに離乳食の固さや栄養バランスの話されても不安が大きくなるばかりだと思います。

 

ひとまず息子はすくすく成長していたし、湿疹はかかりつけ医から丁寧な説明を受けたのでぼちぼち様子を見ていこうと思います。お肌が弱いのはウチの家系かなぁ