のんべんだらり

日常の記録やぼやきや趣味など

子供が生まれました

予定日を過ぎた夜、次の診察でおクスリ(誘発剤)キメられるかもしれないと思って母親学級の冊子で出産の流れを復習していたら、お腹がビシィイと締まるような感覚がした(後にこれが陣痛だったと判明)。

なんか定期的に痛くなるなぁとは思っていたけどいつも胎動がアクティブだったので痛さに慣れてしまっていて、どれウ○コでもしてくるかとトイレに入ったらウ○コより先に羊水が出てきた(   д ) ゚ ゚

母曰く破水はお漏らしみたいな感じと聞いていたのにドラマの妊婦さんみたいにジョバジョバ出てきて、トイレから出るに出られなくなった。とりあえず上の階にいる夫を呼ばねばとインターホンについてる内線を押したら夫が転がるように下りてきた。

 

夫「どうした!?大丈夫か!?」

ウチ「破水したから病院行かないかん」

夫「あああどうしようどうしよう、ていうかなんでそんなに冷静なの!?」

君  が  動  揺  し  て  い  る  か  ら  で  す  よ

自分より慌ててる人や怖がってる人がいると妙にしっかりするのって自分だけ?

 

かなり慌てながらもウチの荷物を車に乗せ座席にバスタオル二枚とクッションを設置するという神対応を見せた夫とともに病院へ。そして初めての浣腸。oh…ほどなくして母も到着し、夫と交代で側についててもらった。

 

陣痛ってお腹が痛いものだと思っていたがウチの場合は腰がものすごく痛かった。仰向けだと腰が痛いし横向きになると吐き気がするし(吐いた)どうしたらいいか分からなかった。

どこかで読んだエロ記事で「アメリカ女性のセク□スは興奮するために息を吸い、日本人女性はリラックスするために息を吐く(要約)」と書いてあったのを思い出し、陣痛がきたら痛みが和らぐまでゆっくり息を吐き続けた。それでも痛いもんは痛い。

 

子宮口がだいぶ広がって分娩室の都合で立ち会い出産するにはあと一時間くらい待たなくちゃいけないと言われたけど、あと一時間この痛みに耐えるくらいならさっさと出したいと思ったのでヨロヨロしながら分娩室に入った。すまねぇ夫よ

分娩室では「足開いて!」「腰を台につけて!」「顎を引いて!」をローテーションで言われながらひたすらいきんだ。いきんでいるとき、なぜだか数日分の便秘が解消したような快感があった。頭が出てきて最後にザビエルポーズでいきんだときが一番痛かった。

 

生まれた!元気な産声とは言い難いが無事に男の子が誕生

お腹ビシィイから7時間、分娩室に入ってから40分くらいの安産だったらしいが痛いもんは痛い(大事な事なのでry)

 

夫がいたらなりふり構わずいきめなかったろうし、その後の処置で胎盤が出てきたり切れた股間を縫ったりとなかなかのグロシーンが続いたので立ち会い出産を断念して正解だった。

妊娠中から体重の割にえらくお腹が出てると言われたけど、助産師さんも驚くほど羊水がたくさん入っていたらしい。最終的には直ったが逆子になる要因の一つに羊水が多いってあったからこれかしら。

 

やっと赤さんと対面できた夫と母がとても嬉しそうで良かった。もうめっちゃ写真撮ってる。ウチも撮りたい…

 

これから怒涛の育児が始まるんだなとガクブルしてるけど無事に生まれて良かった