のんべんだらり

日常の記録やぼやきや趣味など

もうすぐカーチャン

臨月に入ったあたりから病院か夫同伴以外ではほとんど出掛けなくなり、立派な自宅警備員になっている。あれ、最近まともに日光浴びてないぞ…明日病院行くからいいか。

 

休日は出掛けないと死ぬ病の夫も、予定日が近づくにつれさすがに遠くに遊びに行くことは控えるようになってきた。

先週までは「子供生まれたらしばらく行けないから」と焼き肉や居酒屋や家族風呂やバイキング(食べ物系多いな)に連れて行ってもらってすごく嬉しかった反面、なんだか当分の運を使い切ってしまった気がしてちょっと怖い。

 

いつも夫を「妊娠中~産後の恨みつらみは一生言われるからね」「そんなに恨みゲージ増やしたいんか?」と脅しまくってたけどちゃんと感謝ゲージもカウントしてるからね!

ウチの父親世代は仕事してナンボだったから挽回できるチャンスがないまま恨みゲージだけガンガン上がって、父親の愚痴を言う母親のベースが出来上がっちゃったんだろうなぁ。そう思うと父とはかわいそうな生き物である。

 

 

なんとなく予定日より遅れそうだなぁと思っていたけどやっぱり予定日過ぎた。半月ぶりくらいに母から連絡がきたので陣痛や破水について根掘り葉掘りきいてだいたい予習できた。 母親学級の冊子やネットには一番怖いバージョンしか書いてないんだもの…。

 

あとの懸念は夫が出産でぶっ倒れないか、出生届ほかの手続きがうまくできるか、ベビー用品ほとんど買ってないけど大丈夫かってことくらいかな…。きっと夫はオロオロするだろうから自分よりビビってる人がいるとかえって冷静になるウチにはちょうどいい(笑)