のんべんだらり

日常の記録やぼやきや趣味など

はじめてのえすて

昔からエステに興味はあったけれどお金かかるしそもそも田舎にエステなんかないので行く機会がなかった。
結婚式を挙げることになって「これでブライダルエステという名目でエステに行ける!」と思ったら妊娠が判明。妊婦にエステは無理だよなぁと思ってすっかり諦めた。

はずだった。
たまたまコンタクト付けたまま風呂に入ったときにウチは見てしまった、自分のキッタネェ背中を。ネロスは激怒した、自分の一番の晴れ舞台にこんな姿を晒すわけにはいかない。
そうだ、エステ行こう



相変わらずお金に余裕はないが結婚資金から出すことにした。結婚式の準備にかかる費用も結婚資金と解釈。自分で貯めたヘソクリよりも二人で貯めた結婚資金のほうが少ないとはこれいかに(笑)


資金面が解決したので次はお店探し。教えてGoogle先生!
「○○市  エステ」で検索→地名を変えただけの「○○市のエステならコレで決まり☆」みたいなブログがたくさん出てくる。しかも店舗検索したら全くヒットしない。なんだこりゃ。

ここで意外と役に立ったのが地元のフリーペーパー。よくマダム向けのレストランやえらく値段の高い美容室や巻末に子供の写真が載ってるアレですね。


とりあえず家から近くて自分がやって欲しいメニュー(顔と背中のお手入れ)が載ってるサロンを予約。
実はこういう予約や問い合わせの電話をかけるのがとても苦手で実際にかけるのに数日かかった。ウチにはお電話がお気軽じゃないんじゃ…



一人で初めての場所に行くとたいてい迷うんだけど、ご多分にもれず今回も迷子になりながらなんとか到着。民家を改装した店舗って、初めて行くとどこから入っていいのか不安になるので看板は派手にしてほしい…。


ウチが予約したのは顔&上半身コース。パンツ一丁にプールの着替えで使うような巻きタオルをしてエステ台(って名前なのかな)に仰向けに寝る。妊婦なのでうつ伏せになれないが仰向けは腰が痛ぇ…!

ほとんど目を閉じていたので分からなかったけど、化粧落としをされた(すっぴんで来たって言うの忘れた)あとオイルマッサージ、さらに蒸しタオルとパック、フリーペーパーに付いてたクーポン券で汚れの吸引という流れだったと思う。

エステ中は一言で言えば辛かった。マッサージは首や背中をゴリッゴリされて痛かったし、パックのときは口まで塞いだ志々雄真実のような状態で暑くて「エステで熱中症になる人いるのかな…」とか「気分は茶碗蒸しか小籠包…!」と考えたり、キレイになるって本当に大変だなと思った。


でも終わってみたらお肌はスベスベになったし首や肩のコリもすっきりしてかなり良かった。お店の人もフレンドリーな親子であまり気負わず行けそうなので結婚式までお世話になることにしよう。