のんべんだらり

日常の記録やぼやきや趣味など

選ばれし子供たちの集いレポ

選ばれし子供たちの集い(いわゆる検診に引っかかった子向けの教室)に通い初めて1ヶ月が過ぎました。そこでどんなことをしているのか、息子にどんな変化があったかなど書いていこうと思います。

ちなみに上記の名前はまさか息子が引っかかるとは思わず落ち込みまくっておかしくなった頭で考えたネタですので、デジタルなモンスターとは一切関係ありません。

 

 

ざっくり説明すると教室は週に1回の午前中、保健センターで開かれていて一歳半~3歳未満くらいの子供が6~10人ほど通っています。一歳半検診でスカウトされることが多いようです。保健師、保育士、心理士が常駐しています。

 

おもな流れ

受付

一週間の様子を記録する紙(起床・就寝時間、朝食の有無、メディアの時間、一言コメント)に記入。実は就寝時間とメディアの時間をちょっとサバを読んでいるのは内緒w

 ↓

集団遊び1(20分程度)

全員集まって挨拶の歌やお返事の歌、体操など。全員座っていることはほぼない

自由遊び1(20分程度)

用意してあるおもちゃや遊具で自由に遊ぶ。走り回る子が大半なのでよくぶつかる

 集団遊び2

ハンモックや大風さんなどダイナミックな遊び中心

おやつタイム

赤ちゃん用ビスケットやボーロなどを食べる。食べ終わったら自分の台紙に出席シールを貼り、絵本や紙芝居を読み聞かせてもらう。

自由遊び2

帰りの歌、挨拶、解散

 

保健師さんいわく、集団遊びと自由遊びを繰り返すことで「この(集団遊び)あとに楽しいこと(自由遊び)がある」と分かるようになり、メリハリがつくそうです。

 

 

そして息子はどうなったか?

一番大きな変化は読み聞かせのときにじっと座ってられるようになったこと。いつもほかの子はきちんと親の側で座っているのに自分だけウロチョロする息子を追い回すのが辛かったので本当に嬉しかったです。教室の効果なのか成長に伴って落ち着いてきたのか分からないけれど、歌や読み聞かせのときは割と落ち着いててすごく楽になりました。

 

息子自身も新たな遊び場や友達ができてとても楽しそう(しかもおやつ付き!)でその日の昼寝はかなり寝つきがいいです。

 

 

いつまで通えばいいのか、息子は療育など支援が必要な子なのか分からないですが、息子も自分もとても楽しいのでとりあえず遊びに行くノリでこれからも通いたいと思います。

 

 

一歳半検診レポ・後編

続きまして後編です。前編はこちら↓


一歳半検診レポ・前編 - のんべんだらり

 

③しばし休憩…からの身体測定

寝転がれる広い部屋で待機だったのでこれで休める…!と思ったらそんなことはありませんでした。

隙あらば出口から脱走を図る息子、捕まえてもエビ反り&縄抜けでぬるりと母の手を逃れます。ひたすら「ヨイショ♪ヨイショ♪」と言いながらテケテケ歩き回る息子を尾行するのも疲れるので、抱っこして息子の好きな車を窓から眺めていました。

 

寝そうで寝ない、かなり眠い息子は結局眠れないまま身体測定に呼ばれました。

オムツ一丁の息子、眠さMAXによる不機嫌でずっと号泣。身長計(寝せて測るタイプ)で泣き叫ぶ息子の頭を押さえ、体重計は自分で乗ってくれなかったので抱っこして測りました。

身長84cm、体重12kg。相変わらずデカい

 

④小児科医による診察

測定が終わってそのままオムツ一丁で隣の部屋へ移動。もう汗と涙と鼻水でズルズルな息子エキスをシャツの胸あたりに吸収させながら順番を待ちます。ずっと泣いてるけど立って抱っこしても変わらんだろうから座って待つぜ…。

診察は胸と背中の音を聞いて、少し離れたところから親に向かって歩かせたくらいでした(歩き方を見ている?)。いつもは腕を広げて待っていてもガン無視する息子がこの時ばかりは真っ直ぐウチに駆け寄ってきてくれました。

服を着せて本日の検診は終了

 

保健師、保育士、歯科衛生士によるありがたいお話

 

早寝早起きしようね!テレビやスマホはできるだけ見せないでね!あまり甘いもの食べさせないでね!(要約)以上!!

 

 

 保健師さんから母子手帳を受け取り、ふんふんと話を聞いていたら「それでですね…」とちょっと低いトーンに。

あー積み木積めなかったしなぁ、指差しもできなかったけど発語はあるし何か問題あったかな?と思っていたら

「息子くん…ちょっと言葉がゆっくりですね」

 

え?言葉がゆっくり?あんな流暢に美味しいとかヨイショとか言ってるのに?

 

「このくらいの月齢だとママ・パパやワンワンなどの名前が言える頃なんです。名前が言えなくても息子くんのことをよく分かっている家族とはコミュニケーションが取れていますが、これからお友達と接するときにちょっと困ってしまうかもしれません。他に困ってることや相談したいことはありますか?」

「息子が必要なときにじっとしてないのが気になります。ほかの子は読み聞かせのときにきちんとお母さんのそばにいるのに息子はチョロチョロ歩き回ります。自由に遊んでるときはほとんど動かないのになんで?ってなります」

 

そこで保健センターがやっている言葉の遅れや発達に不安がある子が通う教室を紹介されました。これがいわゆる療育なのかしら…?

児童館とは違って保健師、保育士、さらに心理士もいる教室というところに惹かれました。保育園に行ってない負い目やもし発達障害などの場合どんな風に育てたらいいか不安もあったので二つ返事で登録しました。

 

 もし息子が多動とかADHDだったとしてもこれで伸ばし方を教えてもらえるので安心しました。息子への声かけが足りなかったから言葉がゆっくりなのかなぁと落ち込んだりもしたけれど、母は元気です。

この教室は保健師さんからお呼びがかからないと行けないので「選ばれし子供たち」の教室じゃね!?とデジモンアドベンチャーみたいなこと考えたところで一歳半検診レポはここまで!

 

グダグダの長文お付き合いいただきありがとうございました!

次は選ばれし子供たち教室レポ…かも?

一歳半検診レポ・前編

何かひねりを入れたタイトルにしようかと思ったんですがつまんなかったのでやめました、ご無沙汰してます。

 

 息子が歩き始めて約1ヶ月半、外では手を繋ぐけれど屋内ではスタスタ歩くようになりずいぶん楽になりました。それでは早速レポにいってみましょう!(^ω^)

 

 

開始時間は例に漏れずお昼寝タイムにモロかぶりの12時50分。日によって食べさせてみるまで分からないものの攻防戦してると親の昼ごはんの時間もなくなるので、息子には申し訳ないがお昼は確実に食べるバナナだけにしました。

その日はむちゃくちゃ蒸し暑くて、いつもは夜しかしない歯磨きしてオムツ替えてお茶用意して…んあぁあ時間ねぇええと焦りながら運良く空いてた入り口前に駐車。時間ぴったりに到着して19人中12番目でした。みんな早くない?

 

無事に受け付けを済ませて待合室へ…のつもりがなぜか息子が入ってくれません。中には長机と椅子があってみんな仲良く座っているのに入室拒否。お母さん座りたいなァ…。

 下ろすと階段に向かって歩き出す、待合室には入らない、廊下で抱っこは少しじっとしてるけどずっと叫んでる、保健師や保育士が何人も通るけど微笑むだけで誰も助けてくれない(忙しいので仕方ない)、と蒸し暑さも相まって検診が始まる前から体力がどんどんなくなっていきました。上記のコンボで待合室でされた検診の説明は一文字も聞けませんでした。息子も蒸し暑さ+眠気で不愉快だったんだろうけどお母さんもおうち帰りたい(涙)

 

①問診+心理士によるテスト

問診は母子手帳やアンケートに書いてあるような「どんな言葉を話しますか?」「名前を呼んだら振り向きますか?」「育児の悩みを相談できる人はいますか?」など。

息子の発語は「よいしょ、おいしい、よし!、(わうわうわ(不明)、アンパンマン

 

息子は隣の席で積み木が積めるかどうかと車・犬・ごはんの絵を見て「ワンワンはどれかな?」と心理士にきかれていました。

元気よく積み木をぶん投げて、絵は全部に「わんわん!」と言ったあと奪い取って投げてました。

 

②歯科検診

みんな大嫌い歯科検診!仕切りの向こうから聞こえる断末魔!もちろん息子も泣きました!

診察方法は息子を対面抱っこして医師の正面に座り、そのまま息子を倒して医師の膝に頭を乗せるというもの。どこにそんな力あるんだよってくらい息子がしがみついて離れないので看護師さんに引っペがしてもらいました。幸い虫歯ゼロでした、ヤッタネ!

 このあたりで時間は14時すぎ

 

 

長くなったので続きはまた次回! 

クララ…じゃない、息子が立った!

もう長いこと(半年くらい?)高速ハイハイと伝い歩きで移動してた息子がいきなりトコトコ歩き出しました。ポケモンの新しい技かよ!

 

今は寒の戻りでむちゃくちゃ寒いですが、ここ二週間は天気が良かったので毎日のようにポケモンGOポケストップ回すついでに児童館に行ってました。家にいても退屈だしエンドレス読み聞かせさせられるので広いスペースで存分に遊んでもらおう。

そこで様々な刺激を受けたのかこの2、3日でいきなり歩くようになり、靴を履かせても泣かず、手を繋げば外でも歩き、ついにはたっちもできるようになりました。ちょっと急展開過ぎて両親は処理が追いつかないよ…。

夫は特に状況が飲み込めないようで、テクテクついてくる息子を見ながら「普通に歩いてるんだけど…」とつぶやいてます。

 

周りは一歳くらいで既に歩いてる子が多くて、比べてはいけないと思いつつも歩けるようになるのかずっと心配でした。慎重派だとは思ってたけど確信を持ってからの急成長がすごい。よちよち歩きの息子可愛い…!

 

息子が歩けるようになったことも嬉しいし、もう外でずっと抱っこしなくて済むと思うとすごく嬉しいです。これから公園とか遊びに行こうな…!

 

ファーストシューズ

ネットでは5~10歩くらい自分で歩けるようになってから買う人が多いと書いてありましたが、気の早い両親はつかまり立ちから最大3歩歩く息子に靴を買いました。ポケモンの進化みたいにわかりやすく変化するわけではないので判断が難しい。自分では立てないが歩いて…る?みたいな

いつも元気な裸足ボーイがいきなり足を突っ込まれた靴を気に入るわけもなく、靴屋で大号泣!集まる視線、慌てる両親、遠巻きに見る店員。そこは声かけて欲しかったな…

 

一旦フードコートで機嫌を取り再び靴屋へ。

今度はこちらから店員さんに声をかけて、まず息子の正確な足のサイズを調べてもらいました。体はデカいが足は標準サイズ(^ω^)

 

一回目で覚えたのか靴を近付けただけで泣く息子。予防接種で一気に4本打たれたときくらい泣いています。しかし観念したのか両足履かせてしばらくすると村主章枝のような泣きそうな顔で静かになりました。

試しに立たせて手を引いてみますが一歩も動きません。半ば引きずるように歩くとずっと正座してしびれてるかのようにグニャグニャ。初回だしあまり無理強いして靴が嫌いになると困るのでいっぱい抱っこしてたくさん褒めて、ひとまずメッシュ素材の靴を買いました。

 

家の中でもちょっと練習していますがマジックテープはがす音だけで泣きそうになってます。支払いは任せろーバリバリ

本当は今度の日曜までに手を引いて歩けないかなと思ったのですがもう少し先になりそうです。

遅れてきた人見知り

体デカい、食欲旺盛、夜泣きしない、愛想いい、健康、少し言葉をしゃべる、お風呂大好きと歩けないこと以外は全く申し分のない息子ですが、誰にでも懐いていたのがだんだん選り好みするようになってきました。

 

一番好きなのは夫で、夫が友達に抱っこさせようとするとしがみついて離れず、トイレなどでいなくなるとSEKAI NO OWARIのように泣き叫びます。母ちゃんがどっか行ってもそんなに泣かんやんけ…

夫がベイマックスみたいなのでぽっちゃり系は好かれるけど、夫のほぼコピペのような義兄には完全に苦手意識がついてしまったようで両手両足を突っ張って全力で抱っこ拒否する姿はなんだか気の毒でした。夫実家に行ったときはゲームしてる夫より息子の相手してくれてるのになんたる理不尽。

 

息子がつかまり立ちから歩きそうになるたびに夫一家が「お?おぉっ!?」と食いつくので、その声のほうに興味がいって自らチャンスを潰していました。

 

歩きそうでまだ歩かないけれど、動きの発達以外のほうにステータスを振ったんだろうなと前向きに捉えて息子が歩く日を待ちます。

 

 

一歳半検診に行くのと息子が歩き出すのとどっちが早いか楽しみです

息子語録

もはやいつ言い出したか思い出せないけれど、今のところ周りが理解できてる息子の言葉を記録しておこうと思います。

 

・エッシュ(よいしょ)

最初の発語。はじめは何て言ってるのか気づかなかった。そうだね、お母さんよく「よいしょ」って言ってるもんね…(´ω`)最近あまり言わない

 

・おいしい

食いしん坊の息子らしい発語。テレビのグルメコーナーを見ても言う。なかなか夫の前では言わず、夫が「おいしい?おいしい?」と催促しては息子がだんまりを決め込むという楽しい攻防が数日続いた。

ごくたまにやってくれる「あーむっ、おいち♥」のコンボ最高

 

・っかぁー♪(やったー)

はじめに聞いたときは「かっかー(お母さん)」かな?とニヤニヤしていたら一人で遊んでるときも言うのでこりゃ違うなと。遊びに来ていた母から「これヤッターって言ってるんじゃないの?」と言われるまでずっと謎だった。

 

 

・じーじ、じーし(?)

よく言うけど全く分からない。少なくとも祖父のことではない。ご機嫌なときに言う以外の手がかりがないので今後に期待。

 

 

今のところしゃべるのはこれくらいです。食事、睡眠、イタズラ中以外はほとんど何か言っててとても楽しそうです。

息子は父と母どっちを先に呼んでくれるのか楽しみです。夫が先だったらマジで泣くかも